Cloisonne ware of Japan

日本の七宝焼

Cloisonne ware is made from metal and glass.


In Japan, the craftsman's skill was lost under the influence of war.

 

After the war, new craftsmen have got the lost technique and a new technique by trial and error.


七宝焼は、金属とガラスから作られる。

日本では、戦争の影響下で、その伝統技能が失われた。

戦後、あらたな職人たちは、失われた技法と新しい技術を、

試行錯誤しながら、手に入れてきた。


"Hitsumabushi" of Nagoya ひつまぶし

"Hitsumabushi" is the "bowl of rice topped with grilled eel" eaten in the Nagoya style.

 

It is eaten in four steps. If a bowl is set in the face of you, you will divide into four with a flat wooden spoon. 


1st step, you eat 1/4 as it is. 2nd step, you carry spices (a Japanese horseradish, a Welsh onion, etc.) on an eel, and eat 1/4. 3rd step, you eat 1/4, pouring broth over it. 4th step, you eat by the most favorite method. 

 

In Nagoya, you can enjoy mealtime depending on this unique and elegant way of eating. 

「ひつまぶし」とは、名古屋スタイルの鰻丼。それは、4ステップで食べられます。あなたの目の前に丼がセットされたら、あなたはしゃもじで4分割する。1stステップ、あなたはそのまま4分の1食べる。2ndステップ、薬味(ワサビやネギなど)を蒲焼にのせて4分の1食べる。3rdステップ、出汁を入れて4分の1食べる。4thステップ、あなたがいちばん好きな方法で食べる。名古屋では、このユニークで風流な食べ方で、あなたは楽しい食事時間を過ごすことができる。