Ise-Azuchi-momoyama-bunka-mura

伊勢・安土桃山文化村

Ise and the Azuchi Momoyama culture village (Ise-Azuchi-momoyama-bunka-mura)are the theme parks reproducing Nobunaga Oda's castle and castle town. 

 

You can experience samurai culture(urban culture, ninja culture, etc.) of those days, here. Especially, it is greatest that Nobunaga Oda's castle (Azuchi Castle) is reproduced faithfully. 

 

The graceful view from the observation room (Hakkaku-do) of the castle tower is really wonderful. And you can feel a samurai-general's feeling here. 

 

Ise Azuchi Momoyama Bunka-mura


伊勢・安土桃山文化村は、織田信長の城と城下町を再現したテーマパーク。あなたは、ここで当時の武家文化、町人文化、忍者文化などを体験できる。中でも、最も素晴らしいのは織田信長の城(安土城)が忠実に再現されていること。その城の展望室(八角堂)からの優美な眺めは、本当に素晴らしい。また、将軍気分が味わえる。

Ise Azuchi Momoyama Bunka-mura 伊勢・安土桃山文化村

http://www.ise-bunkamura.co.jp/english.html


Arimatsu-Narumi Shibori 有松・鳴海絞り

Arimatsu-Narumi-Shibori is the tie-dyeing born in Nagoya at the Edo period. And it has many very graceful original patterns. The traditional technique is still inherited by handicraftsmen. 

 

A one craftsman takes charge of one pattern. And the number of the patterns has 100. Furthermore, it is wonderful that the Arimatsu area is maintaining the air of the Edo period as it is. 

 

Therefore, the Arimatsu-Shibori festival held there in June every year is really elegant, and wonderful. If you participate in the festival, you can experience both the tie-dyeing and other great Edo culture.

 

Tie-Dyeing Museum


有松・鳴海絞りは、江戸時代に名古屋で誕生した絞り染めです。それは、とても優雅なオリジナル模様たちをたくさんもっている。その伝統技法は、今も職人たちに受け継がれている。その模様に関して、一人の職人が一つの模様を担当している。そして、その模様の数は100もある。さらに素晴らしいのは、有松地区が、江戸時代の風情をそのまま保っていることである。だから、毎年6月にそこで開催される「有松絞祭り」は、本当に風流で素晴らしい。あなたが祭りに参加すれば、絞染とそれ以外の素敵な江戸文化も体験できます。

Tie-Dyeing Museum 有松・鳴海絞会館

http://www.shibori-kaikan.com/kaikan-e.html