GOYA-CHANPURU ゴーヤーチャンプルー

GOYA-CHANPURU is stir-fried dishes of a bitter melon, pork, tofu, and an egg. It is local culinary specialties of Okinawa. 

 

You should eat this dish in Okinawa. Because, the bitter melon of Okinawa is not so bitter. And the tofu of Okinawa has peculiar texture. 

 

When you have a meal in Okinawa, you can enjoy the wonderful dishes different from the Japanese-style dishes eaten in Tokyo or Kyoto. 


ゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーと豚肉と豆腐と玉子の炒め物のこと。それは沖縄の郷土料理です。この料理は、沖縄で食べた方がいい。なぜなら、沖縄のゴーヤーはあまり苦くないから。そして、沖縄の豆腐は、独特の食感をもっているから。沖縄での食事は、東京や京都で食べる日本料理とは違う、素晴らしい料理を楽しめます。


The colorfully-dyed pattern of Okinawa

BINGATA 紅型(びんがた)

"BINGATA" is a traditional dyeing technique of Okinawa. It was used for the Ryukyu Dynasty age as the Royal Family's gorgeous clothes. 

 

BINGATA developed as culture completely different from Edo-dyed cloth or Kyoto yuzen. The climate of vivid and beautiful Okinawa is reflected in these peculiar colors and patterns. 

 

Even now at the marriage ceremony and coming-of-age ceremony in Okinawa, the pretty women who wore the court kimono of those days can be seen. 


紅型は、沖縄の伝統的な染色技術。琉球王朝時代に、それは王族の華美な衣装として使われていた。紅型は、江戸小紋や京友禅とは全く別の文化として発展した。この独特の色彩と模様には、鮮やかで美しい沖縄の風土が反映されている。今でも沖縄の結婚式や成人式では、当時の宮廷装束を着た、可愛らしい女性たちを見ることができる。