Shisa of Yoneko-yaki 米子焼のシーサー

Shisa of Yoneko-yaki is the ceramic Okinawa lion in Ishigaki Island. And it is very colorful and has a lovely face. It is a guardian deity of the safety of the family. 

 

The lovely face will make you feel so happy in an instant. 

 

It is because Shisa of Yoneko-yaki has great energy (the energy makes all people happy) very very much. 

 

Yoneko-yaki Kobo

 

 


米子焼のシーサーは、石垣島の陶器でつくられた沖縄ライオンで、とてもカラフルで愛らしい顔をしている。それは、家内安全の守り神です。その愛らしい顔は、あなたを一瞬のうちにハッピーな気分にさせるだろう。米子焼きのシーサーは、とってもとっても素敵なエネルギー(すべての人々を幸せにするエネルギー)をもっているから。

米子焼工房 http://www9.ocn.ne.jp/~yonekoya/index.html


Ryukyu glass 琉球ガラス

"Ryukyu glass" is the handicraft made from the glass in Okinawa. It is a colorful and beautiful glass tumbler for drinking "awamori (sake of Okinawa)". 

 

At the beginning, it reused empty bottles, such as colas and beers of the U.S. Forces, and was made at the postwar years. Since the bottles of various colors were reused, in the manufacturing process, it was colorful and had a design with air bubbles peculiar to Okinawa. 

 

Now, it has won popularity as graceful "work of art with air bubbles." 

 

If you also drink awamori by this Ryukyu glass, you will be able to feel it as very delicious awamori. 

 

Ryukyu Glass Craft


琉球ガラスは、沖縄のガラス工芸品。それは沖縄のお酒「泡盛」を飲むためのカラフルで美しいガラスコップです。当初、それは第二次世界大戦後に米軍でのコーラやビールなどの空き瓶を再利用してつくられた。いろんな色の瓶たちを再利用したため、その製造工程において、それはカラフルな色彩と気泡をもった沖縄独特のデザインとなった。今では、それは優美な「気泡の芸術品」として人気を博している。このグラスで泡盛を飲めば、さらに美味しいと感じるだろう。

Ryukyu Glass Craft 琉球ガラス村

http://www.ryukyu-glass.co.jp/guide/en/