Matsutake cooked in an earthen teapot

松茸の土瓶蒸し

Matsutake is one of the tastes of autumn in Japan. 

Matsutake has the best smell in a Japanese mushroom. 

 

The recipe of typical matsutake is "matsutake cooked in an earthen teapot." The matsutake dish has white fish and the vegetables of autumn. 

 

You will see the very beautiful colors of autumn, when you open the lid of the earthenware teapot. Then, you will be impressed by a very wonderful smell. And if you eat the soup, you will be able to understand "it is the most delicious soup in a Japanese-style dish." 

 

松茸は、日本の秋の味覚の一つ。松茸は日本のキノコの中で最もいい匂いをもっている。代表的な松茸料理は、土瓶蒸しである。その松茸料理には、白身魚や秋の野菜もある。土瓶の蓋を開けた時、とても美しい秋の色たちを目にするでしょう。その後、とても素晴らしい匂いに感動するでしょう。そして、そのスープを飲んだ時には、「それが日本料理の中で最も美味しいスープであること」がわかるだろう。


The old clay figure in Japan 土偶

The clay figure of the Neolithic era (Jomon period in Japan) is very lovely. It is said to be a figure of a spirit of a departed person, or an space alien's figure. 

 

It has a big eye, a heart-shaped face, or a horned owl face. The face has a very unique expression and softens your heart. 

 

Probably, they were very kind to the earth people, supposing they were space aliens. 

 

新石器時代(日本での縄文時代)の土偶は、とても愛らしい。それは精霊の姿もしくは宇宙人の姿であると言われている。そして、大きな目もしくはハート型の顔もしくはミミズク顔をしている。その顔はとてもユニークな表情であなたの心を和ませる。もし彼らが宇宙人であったなら、彼らはとても地球人に優しかったのだろう。