A vivid and colorful “fish print”

カラー「魚拓」

A "fish print" is a certificate used for competing for the size of a fish among anglers. 

 

Although only sumi was once used for the print, colorful paints are also used now. And it is enjoyed also as a beautiful art. 

 

There is an artist of Japan which is spreading the wonderful technique all over the world. 


「魚拓」は、釣り人たちの間で魚の大きさを競うのに使用される証明書。かつては、墨だけをつかって写し取っていたが、今は多彩な絵の具も使われている。それは美しいアートとしても楽しまれている。その素晴らしい技法を世界中に広めている日本のアーティストがいる。

International Fish Print Studio

インターナショナル魚拓香房

http://www2a.biglobe.ne.jp/~gyotaku/index.html


A ball and a sword "KENDAMA" けん玉

"Kendama" is a Japanese toy with which it plays using a wooden ball and sword. It was born by improving "Bilboquet" of France. 

 

"KENDAMA" is a graceful handicraft, and is also the game which competes for a dynamic technique. 

 

Now, people in the world enjoy KENDAMA of art. 


「けん玉」は、木製のボールと剣を使って遊ぶ日本玩具。それはフランスの「ビルボケ」を改良して誕生した。それは優雅な工芸品であるとともに、ダイナミックなテクニックを競う競技でもある。今や世界中の人々が芸術的なけん玉を楽しんでいる。

↓↓↓ The lesson of KENDAMA