SARU-BOBO doll of Hida-Takayama

飛騨高山の「さるぼぼ」

"SARU-BOBO" is a local doll of the Hida-Takayama.

 

Once upon a time, when the baby was born in the village, the grandma gave it to the baby as a toy of charm against misfortunes. 

 

These lovely "SARU-BOBO" dolls are still loved by everybody as a charm of exorcism, matchmaking, and an easy delivery. It is said that the effect is greatest. 


「さるぼぼ」は、飛騨高山の郷土人形。その昔、村に赤ちゃんが産まれると、おばあちゃんが、厄除けの御守玩具として、それを赤ちゃんにあげていた。このかわいい「さるぼぼ」人形は、今も厄除け、縁結び、安産のお守りとして、みんなに親しまれている。その効果は、絶大だと言われている。


Snow-covered landscape of Gifu“Shirakawa-go”

白川郷の雪景色

The mountain village scenery of old Japan remains in "Shirakawa-go." 

 

One of the traditional wisdom is a thatch roof of a steep slope. Even if pressure is applied to a roof or a house under the weight of snow, power is distributed well, and it is built so that a house may not break. 

 

It is making fascinating and great scenery. 


「白川郷」には、昔の日本の山里風景が残っている。

伝統的な知恵のひとつが、急勾配の茅葺き屋根の家屋。雪の重みで、屋根や家屋に圧力がかかっても、うまく力を分散させて、家が壊れないように建てられている。それが、魅惑的で素晴らしい風景を創りだしている。