A Japanese kite 和凧

A Japanese kite is made from a bamboo and Japanese paper, and a Kabuki actor, an insect, etc. are drawn on it. 

 

A long time ago, when a male baby was born , the kite flying was carried out in order to wish the baby's congratulation, and healthy growth. 

 

Now, the huge kite which swims in the sky dignifiedly is one of the New Year scenery of Japan. 


日本の凧は、竹と和紙から作られる。そして、それには歌舞伎役者や漢字や昆虫などが描かれている。昔は、男の子が誕生した時に、お祝いと健やかな成長を願って凧上げをした。今は、大空を堂々と泳ぐ巨大な凧は、日本のお正月の風物詩となっている。


TAI-YAKI たいやき

TAI-YAKI is the sponge cake of the figure of a sea bream with red bean paste. It is tradition Japanese sweets. 

 

Once, since the sea bream was very expensive for people, the confectionery craftsman invented as "sweets of the sea bream for eating it freely." 

 

Hot TAI-YAKI is a very sweet smell, and has deep wonderful texture. You will be happy feeling if you eat this TAI-YAKI on a somewhat cool day. 

 

たい焼きは、鯛の姿をした餡入りのスポンジケーキ。それは、伝統和菓子です。昔、庶民にとって鯛はとても高価だったので、菓子職人が「気軽に食べられる鯛のお菓子」として発明した。熱々のたい焼きは、とても甘い匂いで、味わい深い食感をもっている。すこし涼しい日に、この熱々のおいしいたい焼きを食べると、とても幸せな気分になる。